キャッシング情報を利用明細で確認する

以前には、ほとんどのキャッシング業者からクレジットカードと同じような利用明細が郵送で送られてきていました。ただし、キャッシング業者からの利用明細ということでは、家族に借金していることがばれるため、利用者からはなくしてもらいたいという要望が多く出ていました。
そこで、最近では申し込みの際にweb明細などを選択すると、郵送ではなく、メールや専用ページでキャッシング情報や利用明細を見ることができます。セキュリティー上の問題もありますが、郵送に比べればweb明細のほうが断然よいということで、今ではほとんどの利用者がこちらを利用しています。
キャッシング情報には、利用履歴や残高などだけではなく、キャッシング業者によっては増額が可能かどうかなどのキャッシング情報を提供しているところもあります。キャッシング審査時間の比較と同じようにweb上であれば、多くのキャッシング情報を提供することができますので、利用者にとっても非常に有益なサービスです。
キャッシング業者にとっても、web明細化することで郵送にかかっていた莫大なコストを削減できますので、どうしても利用推進を進めたいサービスでもあります。無利息キャッシングサービスを提供している業者の中には、このweb明細を無利息キャッシングを受けるための条件としているところもあるくらいです。
ただし、申し込みの際にweb明細をしていないケースでは、初期設定ではweb明細は利用しないとなっているので専用ホームページで登録しなければ切り替わりません。